MJTHP_tosou_bakuro_001.jpg

独自の屋外暴露試験

暴露試験とは、塗料の耐久性テストです。
茂原住宅塗装は自社で【屋外暴露試験】を行っています。

世の中には様々な塗料があります。当たり前ですが、カタログ上では良いことばかり書かれています。…でも実際はどうなのか??

​弊社ではカタログの情報を鵜呑みにせず、自社で独自に暴露試験を行い、自分の目で確認するようにしています。

だから自信を持って、お客様の目的にあった塗料をおすすめできるのです。

MJTHP_tosou_bakuro_002.jpg
MJTHP_tosou_bakuro_003.jpg

様々な塗料を試します。

塗った直後で、光沢の差は各種あるものの、最初はみんなきれいなんですけどね。。。
屋外の【過酷状況下】に設置し、果たして何年もつのでしょう?

日本国内外に塗料メーカーが何社あり、何種類の塗料が存在するのか。

数百種類(数千種類かも?)以上あるその中から、各々の会社が選んだ塗料で住宅塗装を行っています。
各メーカー、様々な謳い文句で新製品を販売し、カタログに記載しています。

しかし住宅塗装をしていると、『前回の塗装からまだ数年しか経っていないのにこんなに傷みが…』なんてお客様もいらっしゃいます。住宅塗装では、選定する塗料でその性能や効果、耐久年数も大きく変わります。メーカーカタログにも暴露試験結果の記載はありますが、大半は6ヶ月程度。当店ではカタログを鵜呑みにせず、自社で【屋外暴露試験】を行っています。

大手塗料卸販売店と共同で、様々なメーカーの外壁用、屋根用、水性、油性、1液型、2液型と、70種ほどを現在屋外にて試験中です。紫外線、雨、風、等々、自然環境下において、結果が出るまでのその試験期間は3~5年と年単位。
今現在、当店で使用している塗料は過去の過酷状況下の暴露試験で生き残った塗料たちです。新たに試験を始め、今使っている塗料の良さを再認識&新たな高耐久塗料の発掘のスタートです。
そしてその優れた塗料を、現場で活かしていきます。

また、先に書いたような数年でダメになるような施工は瑕疵工事(かしこうじ)だと思っています。
塗装屋ではなくペンキ屋、職人ではなく作業員、良いものを知っているのに利益優先にしてしまう人。。
たとえ塗料が優れていても、施工する人間の技術云々にも問題はあったかもしれません。。

茂原住宅塗装では、塗料に関しても技術に関しても、徹底して厳しく、いい意味でうるさく施工しています。

※掲載写真はごく一部です。茂原住宅塗装ブログ内では、施行させて頂いたお宅での各作業の様子を写真付で載せています。
家々に合わせた必要な施工をしております。職人ひろゆきの細かな技術の詳細は、是非ブログにてご覧ください!